チェックワンファスト妊娠検査薬

MENU

みんな知ってるチェックワンファスト

フライング検査をしたことがある、という方にとっては、チェックワンファストという妊娠検査薬はお馴染みのものかもしれません。

 

しかし、ここではワンステップ妊娠検査薬という検査薬でフライング検査をした方が良い理由をいくつかご紹介しようと思います。

 

そもそもチェックワンファストってなんで有名なの?

チェックワンファストは有名な妊娠検査薬ですから、名前は知っているという方も多いと思います。

 

早期妊娠検査薬とかって検索するとすぐに出てきますし、チェックワンファストを使ったフライング検査の模様を個人的に公開している方も大勢いるようですから、こういうところから知名度が高いというのがあります。

 

しかし、そうかチェックワンファストかと思って薬局にいくと、全然見当たらないということが多いようです。

 

実はチェックワンファスト(つまり早期妊娠検査薬)は、薬事法の改正実施によって医療用医薬品に指定されており、取り扱っている薬局で処方箋を持って行かなければ購入できないことになっているのです。

 

ちなみに、普通に生理予定日一週間後から検査可能という妊娠検査薬は第二種医薬品に指定されているので、ドラッグストアで購入することができます。

 

なんで今もチェックワンファストが有名なの?

日本では、早期妊娠検査薬と言えばチェックワンファスト、フライングと言えばチェックワンファストというイメージがあると思います。実際に日本で唯一の正式なフライング検査薬なのではないでしょうか。

 

そしてそのフライング検査の模様が公開されていることに加え、薬事法改正が実施される以前に普通に薬局で購入したママさん達の記録ですので、これからフライング検査をしようという方も当たり前に薬局で売っているものだと思うのではないでしょうか。

 

もしくは一人目のときはチェックワンファスト使ったなという記憶のあるママさんがまた使おうと思って薬局に行くとどこを探してもない、あれ、前は普通に売ってなかったっけ?という現象が起きているのだと思います。

 

現在では、チェックワンファストを購入するのは非常に面倒になっていますから、海外製の早期妊娠検査薬をネットで購入するという方が増えています。

 

精度も信頼できるものが多いですし、選択の幅が広がったという意味では薬事法改正の実施も悪いことばかりではないかもしれませんね。

 

なによりお手頃価格が嬉しいです

海外製の早期妊娠検査薬としては、ワンステップ妊娠検査薬がおすすめです。これは何と言ってもお手頃なお値段が嬉しい!

 

50本セットのもので5,800円、一本当たり116円という手頃さです。チェックワンファストであればひと箱1,500円で二本セットですから、一本あたり750円ということになります。

 

お値段が全然違います!

 

それだけ精度も低いんじゃないの?と思われる方も当然いると思いますが、早期妊娠検査薬の精度にはメーカーによる違いってそれほどありません。

 

と言うのも、妊娠検査薬というのは単純な検査紙だと言って差し支えないと思いますが、着床後に上昇するhCGの値に反応して陽性か陰性かを見せてくれる仕組みです。

 

一般の妊娠検査薬であれば50mlu/mi以上のホルモンがなければ陽性反応は出ませんが、早期排卵検査薬となれば25mlu/miという量のホルモンで検知可能というのがほぼ一律の規格です。

 

もちろん、試験紙として最低限の品質は欲しいところですから、例えばあの国の製品は信用できないな…みたいな好みはあると思います。

 

しかし安かろう悪かろうと断ずるには、妊娠検査薬は単純なアイテムすぎて品質の差なんてそれほど出しようがないというのが実際だと思います。

 

やっぱり国内産の安心できるものが良い、という気持ちもよく分かりますが、だからと言って6倍、7倍のお値段を出すのはちょっと…と思いませんか?

 

更新履歴